Healing Discourse

レインボーズ・エンド パラオ巡礼:2011 第3回 女神のヴァジャイナ Goddess’s Vagina

 来る日も来る日も、チャーターしたクルーザーで、ロックアイランド中を豪快・爽快に駆け巡った。
 船上より帰神撮影したロックアイランドの様々な表情を、スライドショーにてご紹介する。
 これら諸々の帰神フォト作品は、単なる文章のツマ、添え物として「添付」しているのではない。文と写真は、完全に対等な関係だ。

 虹の彼方[レインボーズ・エンド]の夢の国。
 この時期のパラオとしては珍しく、私たちの滞在中、ずっと素晴らしい好天に恵まれ続けた。私たちが来る直前まで、どしゃ降りの荒れ模様だったそうだ。
 波がすっかりおさまり返り、べた凪の海が鏡のように天界を映し出す、そんな奇跡のような光景とも、幾度も出会った。スライドショーにて、皆さんと感・動を分かち合った通りに。
 不思議な宇宙に丸い島々がぽっかり浮かんで八重に連なる、南海の幻想。
「あなたはラッキーですね」「すごくラッキーですね」「とてもいい人に違いない」などと、何度も繰り返し、現地の人たちから言われ続けた。ヒーリング・ネットワークの友人たちが、巡礼成功のため、ヒーリング・アーツを使って一心に祈り続けてくれた成果であろう。
 その後のパラオからの便りによれば、私たちが去ってすぐ、天候は再び崩れ荒れ始めたそうだ。

 ・・・・・・・・・・・・

 パラオの創世神話にいわく。
 天なる始祖が海におろした大いなるシャコガイ、ア・キムより女神が産まれた。
 この女神が独り身にて孕[はら]み、ア・キムの外套膜を借りて人類の祖神[おやがみ]を産んだ・・・と。(参考『土方久功[ひじかた ひさかつ]著作集』)
 
 シャコガイの外套膜(外側からみえるひらひらした肉厚の部分)と、女性の性器との共通性に着目する人々と、私たちはパラオで初めて出会った。
 妻も私も、これまでずっとそう感じてきたし、本ウェブサイトでもしばしばそのように述べ記してきた。妻のヒーリング楽曲『ベニティエ』は、海の女神の象徴[シンボル]としてのシャコガイを讃える霊妙不可思議な傑作だ(ベニティエはフランス語でシャコガイの意)。
 私たちと感性を同じうする人々が、ここパラオにはいる。パラオの人たちは自らを、シャコガイから産まれた者の子孫とさえ考えている。
 シャコガイが女性器に似ているのでなく、女性器がシャコガイに似ていると感じる神話的連想。
 これは、ヒーリング・フォトグラフに直通する感性[センス]だ。
 
 私は、すでにご存知の方も多いと思うが、シャコガイの讃美者だ(私がいう「美」には、美味しいという意味も含まれている)。
 私が水中帰神写真を撮り始めた主な理由のひとつは、シャコガイだった。
 あれらの美しさ、艶[つや]やかさ、華麗さ、あるいは地味さ、妖しさ、おかしみ・・・・を芸術的に表現し、伝え・分かち合う道はないものかと、長の年月、想を練り続けてきた。
 それが、帰神撮影法により本当にできるようになった! 
 私たちにとり帰神撮影とは、厳[おごそ]かで敬けんな祈りの行為にほかならない。特定の宗教・宗派とは無関係の、祈りの本質とかかわるもの。
 光と影を通じ、万物の裡にある聖なる輝きを、敬いと歓びに満ちて表現しようとする試み。
 それは、ハードな面も多々あるが、とても「楽しい」。そして、楽しいと、ハードなことも楽になる。これは、事実だ。

 すぐ船酔いし、1年前まではカメラを最も苦手としていた妻が、このたびの巡礼では、日々ボートでパラオの海を縦横無尽に巡り、私と共に海の上でも中でも帰神撮影を執り行なった。楽しくて仕方ない、そうだ。
 どうやら、楽しいと船酔いしないものらしい。酔って気分が悪くなりかけても、カメラを手にして撮り始めると、たちまち気持ちが良くなるというから不思議だ。

(クリックすると拡大・以下同) パラオの海中にて帰神撮影中の妻。つい最近まで全然潜れなかったが、海中帰神撮影を始めたら、あっという間に熟達した。人間の根源的な「狩」の本能が目覚めるのだと思う。狩る対象が写真でも、狩猟本能は充分満足させられる。これはかなりのヒーリング効果(満足感)がある。

 パラオでは、毎日毎日、たくさんのシャコガイたちと出会った。どのシャコガイも、全部違っていた。模様や形に、人間の顔形以上に様々なバリエーションがある。
 それにパラオのシャコガイはとてもおいしい。沖縄もの(稚貝の多くがパラオ産)がこりこりもっちりした食感なのと比べ、さくさくあっさりした繊維質の歯ごたえがある。
 かつて日本文化の影響を色濃く受けた名残として、パラオではサシミが普通に食べられている。私たちは、毎日毎日、新鮮なシャコガイをサシミやココナッツ煮、つぼ焼き、クラムチャウダーなどでいただいたが、全然飽きなかった。

 それでは、海洋版ディナー・パーティーの開幕だ。フェミニズム・アートの金字塔的作品、ジュディ・シカゴの『ディナー・パーティ』に「ぶっつける」意図をもって、パラオ・シャコガイによるあでやかな海の晩餐会を、スライドショー形式を使って超時空的に構築する。
 写真を見ながら、目と、写真の間の空間に衝撃波を起こすつもりで、かしわ手を打っていくといい。
 目に力を入れたり、まばたきしたりしないように。
 すると、「見ること」が「観ること」へと変わる。あなたの眼前で、鮮やかに、写真空間の知覚変容が起こる。

 パラオで最初に、体と機材ならしの意味でシュノーケルしたリゾートホテル前のプライベート・ビーチでさえ、たくさんのシャコガイをみつけることができた。上記スライドショー作品の大半は、その、最初のシュノーケル中に帰神撮影したものだ。
 私が初めて目にするシャコガイ・パターンも、いっぱいあった。かなり大きなもの(沖縄なら超特大とされるサイズ)も、あちこちにごろごろいる。
 パラオこそシャコガイの元郷ではないか、そんな突飛な空想さえ一瞬思い浮かんだほどだ。
 夢中になって帰神撮影していると、突然、「それ」が、重低音的質感を備えて、視界に割り込んできた。
 巨大シャコガイ!!
 妻にもすぐ教えたが、私が指す方を観た瞬間、びっくり仰天して、びりびりびりっと精妙に痺れているのが、・・・こちらにまでハッキリ伝わってきた。
 
 パラオには巨大なオオジャコがいる。
 さしわたし1メートル以上ある。
 いくつも転がっている。
 そういう話は以前から聴いていた。が、まさかこんなところ(ホテル前のビーチ沖)にあっけらかんと「転がって」いるとは思ってなかったから、妻と一緒に大喜びだ。

オオジャコと、ゆったり長々、ヒーリング・タッチ。

 こうした体験は、本当に人の人生を賦活する。びりびりびりっと超精彩なオーガズム(悦楽波紋)が、人生そのものに走った感じ。そして、何だか無性にうれしく、楽しく、ウキウキしてくる。
 これこそ、私が言う「ヒーリング感覚」だ。別名「たまふり」。
 エルニドで触れ合ったオオジャコも大きかったが、パラオのは超弩級ともいうべきものだ。
 そういうのが、かの地には、うわさ通りたくさん「転がって」いた。
 ダイブして至近距離から詳細に観察すると、あたかも異次元の神話的な光景[ランドスケープ]をのぞき込んでいるかのごとくだ。
 2人してヒーリング・タッチしまくり、帰神撮影しまくった。嬉々として。
 それらは、まさに海の女神たちの唇/女陰にほかならなかった。
 女性のシンボル、女神の紋章。

 前述のように、画面と目の間の空間全体に響き渡らせるようにして、その空間内でかしわ手を打つ。この際、手から帰神フォトへと向かう衝撃波と、手から自分の目に向かう衝撃波の、両方を同時に感じるようにする。
 つまり、「かしわ手を打つという行為」を3の原理で認知する。

 シャコガイをモチーフとする女神の文様が、パラオの至聖所・バイの正面に描き刻まれている。
 その内部は、こんな感じだ。許可を得て帰神撮影した。

 このバイでは、かつて部落の重要な話し合いが長老たちによって持たれたり、成人式の秘儀が伝授されたり、シャーマンが霊的祀[まつ]りを執り行なったりしていたという。が、今はもうまったく使われてないそうだ。
 かつてのバイの雰囲気と共振するべく努めつつ、カメラのシャッターを斬った。私は、ジャパニーズ・ソードで斬る時の武術の動きを、カメラへとそのまま応用している。
 バイの側面に描かれた鶏の絵も、1つ1つ個性的で、とても面白い。あの「コケコッコー」というやつが、力強く満身にビリビリ響いてくるではないか! パラオ人の芸術センスのレベルの高さがよくわかる。

 宿泊したリゾートでは、毎朝夕、放し飼いになっている鶏親子に餌を与えるのが日課だった。最初は警戒して近づこうとしなかったが、たちまちこの通り、ヒーリング・タッチの手から直接ついばむようになった。ところで、その鶏が「ついばむ」速度はかなり速いのだが、親鳥の鋭いくちばしが掌や指に当たっても、まったく痛くない。絶妙なコントロールだ。

 思えば、私たちの南洋群島への、これが記念すべき第一歩だ。
 私はこのたびのパラオ巡礼を通じ、「太平洋戦争」という第二次大戦の別称が意味するところを、肌身で感じることができるようになった。
 海の文明(タロイモ主食文化)のエッセンスとでもいうべきものも、生理的に実感することができた。
 これだけでも大変な成果だ。
 そのせいか、私の身の裡よりあふれ出るヒーリング・アーツ修法が、パラオ巡礼以来、龍宮的とでもいうべき独特の「海の質」を、濃厚に備えるようになってきている。
 海のわざ、龍宮の叡知・・・。面白い。

 実際のところ、正直な気持ちでは、パラオの人たちは「あのこと(委任統治下におけるかつての私たちの関係)」について、今、どんな風に感じているのか、考えているのか。その、私たちがこれまで決して尋ねようとしなかった、知ろうとしなかった真実についても、私なりに納得のいく<応え>を、巡礼を通じ得ることができた。それにより、大いにヒーリングされると同時に、大いに恥じもし、また発奮もした。
 そうしたヒーリング体験については、また回を改めてご報告しよう。いやしの歓びを分かち合うために。

 ヒーリング・ネットワーク! 

 この言葉を力強く唱える。一団体の名称としてではなく、最も広い意味でのいやしの分かち合いという意味で。
 まず、臍の中の奥深くへと指をまっすぐ差し込んでおき、ハミングしつつ、それと共振して振るえている臍を、探していくといい。
 もう一方の手で、あちこちこすり、押さえ、撫でるなどしながら、ガイド・アシストしていけば大いに助けとなる。身体とは、元来、手で探り当てるべきものだ。

 臍は体表面の真ん中だ。
 臍を、上から感じていき、下からも感じていき、さらには上と下から同時・均等・鏡像的に感じていく。
 最初の段階では、臍はハミングに伴って「へこむ(引っ込んでいく)」。
 そのへこんでいく中心が、臍だ。腹全体の中で、そこが一番最初にへこみ始める。つまり、臍とは腹の中心でもある。

 1つ1つのプロセスを、丁寧に執り行なうことが肝要だ。「いのち」に波紋を、ヒーリング・アーツは、起こすわざであり、そのいのちの取り扱いに粗相があってはならぬのは、改めて申すまでもないことだ。
 そういう敬けんな気持ち・態度で(生命に対し敬けんであって、なぜいけない?)、きちんとプロセスに従ってやってみる・・・と、その場所(臍)の意識が、ぽっとあかりがつくみたいに目覚める。そこに、独自の小さな心が宿る。
 そうしながら、「ヒーリング・ネットワーク!!」と、確信に満ちて唱えるのだ。
 臍が唱えるように。
 臍と言葉がシンクロする。これが、いわゆる「言霊[ことだま]」だ。

 成功すると直ちにわかるが、この言葉は独自のヒーリング作用を発するマントラ(真言)になっている。
 いやいやながら、しぶしぶ、疑いに満ちて、口先だけで唱えても無意味だ。が、臍を意識化しながら唱えれば(必ずしも大声を出す必要なし)、たちまち体中すみずみまで、気力が横溢して、ほんわかじんじん「気持ちよく」なってくる。そして、何といっても「楽しい!」だろう。
 それが「ヒーリング」だ。
 その後、体がすーっと透き通っていく感じがして、くねくねうねうね、自動的に動き始めるかもしれない。STM(Spontaneous Tuning Movement 自律調節運動)という。とても気持ちいい。
 それも「ヒーリング」だ。
 常に、臍を意識化。初心者は、臍に指を入れっぱなしでもいい。

 臍で呼吸するように。胎児の時は誰もがやっていたことだ。
 ちょっと練修すれば、胎児の時の呼吸感覚が戻ってくる。中国神仙術で「胎息[たいそく]」と呼ばれた呼吸モードだ。
 胎児にとって母親は女神そのものであることが、胎息ができるようになれば、直ちに理会できるだろう。圧倒的な女神感覚が、人の臍には秘められている。海の、大地の女神と共振するための鍵が、臍に隠されている。

 かしわ手を景気良く打ち鳴らし、こうしたもろもろのヒーリング感覚をぱあっと精彩・多彩に弾けさせるといい。
 世界へ向けて、景気良く。
 そうすれば、本当にそうなる。
 世界と自分と、両方同時にポン!と響かせるつもりで、かしわ手を打つのだ。

 STMの最中にかしわ手を打つのも良い。ただし、動きを一切阻害しないように、軽やかに。
 すると、STMがその都度バージョンアップしていく。

<2011.08.05 大雨時行[たいうときどきおこなう]>

※2011年度 海の巡礼シリーズ:関連リンク
◎Healing Photograph Gallery1『エルニド巡礼記 @フィリピン』/『パラオ巡礼:2011』/『ボルネオ巡礼:2011
◎Healing Photograph Article『エルニド巡礼記・余話
◎ヒーリング・ディスコース『レインボーズ・エンド パラオ巡礼:2011』/『ヒーリング随感3』第3回第6回第8回/『ヒーリング随感4』第21回
◎ヒーリング・ダイアリー『ヒーリング・ダイアリー4