Healing Discourse

ヒーリング・ムービー 其之一 武の舞 〜ヒーリング・セレブレーション in 広島 前編〜

文:高木一行

 このシリーズでは、もっぱら動画を主体として、龍宮道の何たるかをお伝えしてゆきたいと思っている。
 今回より3回に分けご紹介するのは、2021年3月21日(新松戸)、23日(名古屋)に引き続き、4月17日、18日に広島で執り行なわれた、ヒーリング・ネットワーク再興を祝うヒーリング・セレブレーションの一場面だ。

 新松戸と名古屋のセレブレーション参加者による報告を、『ヒーリング・リフレクション』第1回でご紹介した。
 セレブレーションで参加者たちは、様々な心身調律法を学び、修練しながら、その合間合間に私と組み合って、崩され、(フローリングの床に)投げられ、落とされ、時に不動金縛りにされたりもした。
 だが、それによって、不思議なことに心身の流れがたちまち良くなり(文字通り、流体的に波打つようになる)、その場で元気が湧き溢れてくるのがハッキリ実感できる。・・・と皆が証言しているのだが、その実際の模様に近い臨場感をお届けすることが、ムービー機材の長足の進歩により、初めて可能となった。
 観の目で(画面全体に均等に意識を拡げながら)、虚心坦懐きょしんたんかいに(あれこれ考えることをやめ心静かに)向かい合えば、<ヒーリング>をあなたもきっと、自らの内面に実感し始めることだろう。

 武術の心得がない方には、時にかなり激しく荒っぽいことを、我々がやっているように見えるかもしれない。が、全身の力みを抜き去って体も心も「水」となり、常に波紋の原理で動き続ける時、<無理>というものは毫末ごうまつも(ほんの少しも)生じないのだ。
 すなわち、自然である。無為にして自然。
 どこにも余計な力が入ってない。どこにもぶつからない、滞らない。流れる水のごとく、滑らかに、自在に流れ続け、波打ち続ける。
 だから、無理が全然ない。

 龍宮道のわざはすべて、決められた方式をあらかじめトレーニングした結果にあらず。
 受け手たちも、何をやるのか、事前にまったく知らされてない。何の打ち合わせもしていない。
 自ずから生じ自ずから変化してゆく、「自生自化」(荘子)の道を、龍宮道は指し示す。そのことを、口先だけで観念論をもてあそぶことなく、心身一如いちにょで実践的に修するために、我々は<まい>を舞うのだ。
 ところで、動画に登場する一人だけ服装が違う人、あの人は龍宮道初体験で、78歳だそうだ。脊柱管狭窄症で治療中だったが、セレブレーション参加後、症状がまったく改善した、とのこと。

ムービー 於:天行院(広島) 2021.04.17

フルハイビジョン画質 05分07秒

※せっかく高画質動画の配信が可能となったのだから、是非フルスクリーンでお楽しみいただきたい(画面下の再生バー右側に表示される「Vimeo」の左隣にある拡大ボタンをクリック。終了後はキーボードの左上あたりにあるescキーを押すと元に戻る)。
「考える」ことによってではなく「感じる」ことを通じてのみ伝わる超越的メッセージを人類へ届けるため、我々はヒーリング・ネットワークのウェブサイト制作に鋭意取り組んでいる。
 例えばサイト中で、写真1舞(枚)1舞になぜ「クリックすると拡大」とわざわざ注記しているかといえば、伝えるべきメッセージがその写真の中に霊的に込められており、より深く・精細に感じるためには、拡大してゆっくり観ることが必要だからにほかならない。
 心静かに観の目で向かい合えば、あたかも撮影者である私の目、あるいは私の意識、を通して世界を観るがごとき体感が起こり始めるだろう。そうやって意識を同調・共感させることは、龍宮道の奥義修得・極意会得を確実に促進する。

<2021.05.03 立夏(りっか)>

  • Home
  • Healing Movie
  • 其之一 武の舞 〜ヒーリング・セレブレーション in 広島 前編〜